看護師リーダーシップ研修の実際(2)

Nurse

3.感染管理

感染予防は医療チーム全体で根拠に基づいた一貫性のある感染対策を確実に実施することが重要となる。

そのためには職場のリーダーとなる研修生が根拠に基づいた感染防止の知識・技術を習得し,職場で率先して感染防止対策に取り組んでいくことが望まれる。

日常業務で感染リスクに気付き,感染に関する問題への対応やアドバイスができる人材を育成できることをねらいとしている。

4.看護倫理

「看護倫理」では,倫理綱領や倫理原則の理解のみにとどまらず,自己を振り返り,職場内の出来事を広く倫理的な視点で捉える感性を養い,助言ができるようにする。

研修生個人の看護観や人生観など,広い視野を持って看護者の倫理について考え,継続的に自己の倫理的判断能力の向上を図ることをねらいとする。

演習では,倫理的問題を共有し,多くの価値観を共有し,さまざまな視点で検討することができるようにする。

5.課題成果発表会

職場内で半年間,リーダーシップを発揮しながら,課題を見つけ分析し,対応策を立案・実践・評価・修正・実践という継続した取り組みを行なう。

どのようにリーダーシップを発揮していったか,また取り組んだ成果をお互いに共有することにより,今後の看護実践に活かすことをねらいとする。

管理人

Comments are closed.