リーダーシップ研修の評価

Nurse

リーダーシップ研修は,看護教育部開設以来の新人看護師研修に次ぐ歴史ある研修で,2001年頃より現在のスタイルに整備され,毎年,自薦あるいは師長推薦の5~10名程度の参加者が集まる。

対象者は経験5年以上とし,近年は主にチームリーダーもしくは今後チームリーダーの役割を担う者を対象として実施している。

2001年度からの11年間の研修修了者は延べ86名にのぼり,2013年12月現在,在職している者は44名である。その中から,師長2名,主任9名,現チームリーダー6名(既チームリーダー経験者9名)が誕生している。それ以外にも,教育委員や実習指導者など,各部署で重要な役割を担っている者も多い。

リーダーシップ研修が当院のリーダー育成に少なからず貢献していることがうかがえる。

中堅層の育成やキャリアップのきっかけとして,この研修を師長より勧められる者が多いが,修了後の師長および受講生の評価はおおむね好評である。

これは,研修を受講する際の師長からの動機づけが上手にされていることや,研修での学びがその後のリーダーとしての実践に活かされていることが関連していると考えられる。

受講動機は師長からの勧めが大半である。この2~3年は,参加者の人選が変化しているように見受けられる。

「来年はチームリーダーを担ってほしい」「1~2年後には主任として活躍してほしい」など,1,2年先を見据え,今後のリーダーとしての活躍を期待し,計画的にこの研修への参加を勧めている師長が増えてきた。

また,ラダー認定を意識して勧めたり,キャリアアップのきっかけとして勧めている場合もある。師長としては,リーダー格であるレベルIIIの看護師育成を計画的に行なうための,1つのステップとして捉え,参加させているようである。

近年この研修を修了した者がチームリーダーとして活躍するようになってきている。チームリーダー会議を運営している師長は,ここ数年の研修に参加したチームリーダーについて次のように評価している。

「リーダーとして積極的かつ計画的にチームの運営をするようになった」「以前は発言が少なく何でも師長に相談するという姿勢であった者が,今は自らの考えや意見を発言し,積極的にリーダーとして活動している」「メンバーに対して手厳しかった評価が変化し,肯定的にとらえられるようになった。その結果,対人スキルやコミュニケーションがうまくなった」など,研修参加後の変化を感じているという。

研修で学んだりーダーとしての取り組みと自信が,その後のチームリーダーとしての実践を後押ししているのではないかと推察される。今後はその実践がチーム活動をも活発にさせるのではないかと期待している。

10年以上継続してきている研修であるが,研修の評価,受講生のフォローを十分行なってきていなかったことに改めて気づかされている。キャリアラダーの運用がようやく軌道に乗りつつあるなかで,本研修の位置づけはますます重要となる。

これまでのような修了時のみの評価ではなく1年後,2年後の受講者の動向を評価し,それを研修の運用に活かしていけるように,取り組んでいってほしい。

管理人

Comments are closed.