キャリアラダー別教育プログラム

Nurse

2005年度から全看護師を対象にキャリアラダーを導入し,レベル1~4の4段階で到達目標を掲げ,卒後教育に取り組んでいる。

当院のリーダー育成については,看護部の教育方針の1つに謳われている「優れた臨床実践モデルとなるリーダーの育成を推進する」を根拠に,レベル3にその方針を受けた目標が掲げられている。

その中でも「部署においてリーダーシップを発揮できる」という目標を支援する研修として,リーダーシップ研修が位置づけられている。

今までは研修に参加すれば修了証が授与されていたが,2011年度からは研修参加者に対してレポートを含む研修に対する評価を実施し,キャリアラダーレベル申請の際,その評価をもとに申請を行なうようになった。

<キャリアラダーレペル別目標と看護師の状況>

1.レベル1:卒後2年まで(マニュアルや先輩看護師の指導を必要とするメンバーシップ)

 ・基礎看護技術トレーニング
 ・心電図・輸液ポンプほか医療機器研修
 ・看護倫理研修
 ・看護計画研修
 ・訪問看護1日研修

2.レベル2:経験3~4年、経験4年目以上の中途採用者(ルールに則って、ほぼ自立して日常の看護業務を遂行できるプリセプター、日々のリーダー)

 ・プリセプター研修
 ・リーダー業務研修
 ・看護研究
 ・訪問看護1日
 ・3か月研修

3.レベル3:おおよそ5年以上(役割モデルとして看護実践を行ない後輩や学生を育成する実習担当者、教育委員、チームリーダー)

 ・リーダーシップ研修
 ・実習指導者研修(看護協会)

4.レベル4:師長・主任認定看護師(看護職員の方向づけや育成を行ない,看護部門の目標達成に貢献する、臨床実践・管理・教育・研究などにおいて専門性を追求する)

 ・師長、主任研修
 ・認定看護管理者研修(看護協会)
 ・認定看護師養成課程

管理人

Comments are closed.